つくばみらい市 みらい平の歯科・歯医者

つくばみらい市 みらい平 歯科 歯医者 予防歯科 入れ歯 小児歯科

はしもと歯科クリニック
0297-58-5599

インプラント
IMPLANT

  • 診療案内
  • 一般歯科
  • 予防歯科
  • 小児歯科
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 入れ歯
  • インプラント
  • 歯ぎしり・マウスピース
  • 噛み合わせ
  • スポーツマウスガード
  • 歯科治療Q&A
  • 求人募集

インプラント治療

歯を失った箇所に、人工の歯を移植するのがインプラント治療です。

はしもと歯科クリニック

インプラントには、もともと医学用語で「植立する」という意味があります。

失われた歯の場所に歯根の代わりになる人工の歯(インプラント)を埋め込み、その上に歯を取り付ける治療法を「インプラント治療」といいます。

インプラントは「第2の永久歯」といわれるほど、機能的にも、見た目的にも、天然の歯にもっとも近く、最近インプラント治療を受ける方が急速に増えています。
最近話題になっている心臓移植や肝臓移植は、ドナーという臓器提供者がいて初めて成り立つものです。それを医学用語でトランスプラント(移植)といいます。

一方、インプラントは生体にとって無刺激・無毒で、体に適応しやすい性質(生体親和性)の高い人工的なものをその臓器の代わりに使います。例えば、人工腎臓や人工関節などが、それにあたります。
歯科インプラントも同じように歯の代わりをする金属(チタン)などの人工素材を利用しています。

インプラントとは

歯を失う二大疾患は虫歯と歯周病です。不幸にも歯を失った場合、ブリッジや入れ歯などの治療が行われます。
しかしブリッジの治療では、失った歯の前後の歯を削る必要があるため、気が引けるという意見、また入れ歯では「しゃべりにくい、ばねが見えるのがイヤだ、取り外しが面倒だ」という意見をよく聞きます。

インプラント歯科では、金属製(チタン製)の人工歯根を顎に埋入して、その上に独立した冠を装着します。
それゆえ、失った歯の前後の歯を削る必要がなく、今まで生えていた歯のように咀嚼が行えます。

一方、インプラント治療は総入れ歯の治療においても行うことが可能です。
歯肉が痩せていて義歯が安定しないという方では、インプラント治療が行える十分な顎の骨量や形態がある場所に部分的に数本のインプラント(人工歯根)を埋入します。
そこに総入れ歯を維持させる装置を付与して入れ歯を安定させることも可能です。

インプラント治療は非常に高度な治療です。
特にインプラント治療前後はお口の中に汚れをためない環境が大切です。
ですから3~6ヶ月ごとの定期検診を受けることが必要でしょう。

インプラント治療の成功は、医師と患者がともに協力することにより達成されるのです。

尚、お口や全身の健康状態によっては本治療が行えない場合があります。詳細は担当の医師にご相談ください。

当院のインプラントシステム

ノーベルバイオケア社

当院では、ノーベルバイオケア社のインプラント・システムを採用しております。

 

ノーベルバイオケア社とは?

はしもと歯科クリニック1965年にスウェーデン人のProfessor P.I. Branemark (ブローネマルク教授)により、世界で初めて骨と結合するインプラントが歯科医療に臨床応用されてから、40年以上が経ちました。

ノーベルバイオケアの社名は、ノーベル賞で有名なスウェーデンのAlfred Nobel氏により設立された企業に由来しています。加えてブローネマルク教授が発見した、骨に結合する歯科インプラントを世界で初めて製品展開した近代インプラントシステムのパイオニアです。

>> 詳しくはコチラ

患者様の状態に合わせたご提案

上述の通りインプラントとは、失ってしまった自分の歯の代わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作製して噛み合わせを回復する治療法です。 固定性である為にガタついたりせず、自分の歯のように若々しく力強く噛めるようになります。

 

歯を1本失ってしまったら…
はしもと歯科クリニック

失った部分にインプラントを1本埋め込みます。従来は、健全な両隣の歯を削ってから、ブリッジを用いて治療していました。しかしインプラントを用いることにより、健全な歯を不必要に傷付けることなく治療を行える ようになります。

 

歯を何本か失ってしまったら…
はしもと歯科クリニック

従来は局部的な入れ歯を用いて治療を行っていましたが、インプラントを何本か用いて治療をすることにより入れ歯を固定する為の金具やバネが無い為、見た目が美しく違和感を少なくす ることが出来ます。

 

歯を全て失ってしまったら…
はしもと歯科クリニック

従来の総入れ歯ではなく、インプラントを用いて治療します。食べ物が入れ歯と口腔粘膜の間に挟まったり、入れ歯が合わなくなったり、もちろんずれたり浮いたりすることがありません。

pagetop